京都の出会い系サイトで知り合った西洋区が半端ない女とホテルへ・・
今出会いを求めている子はこんな子!\(^o^)/今すぐチェック

出張先の京都の出会い系で会った性欲の超強い女性とのエッチが強烈だった!

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 評価:4.0-98

    私は当時38歳、出会い系サイトで会った相手は28歳のx1女性でした。私はそのころ仕事で月の半分以上京都に出張しホテル住まいをするという毎日でした。仕事に忙殺されている中でついつい欲求不満でHしたいなぁと思ってたんですが、風俗にいくにしてもお金を出してはずれだった・・・なんていうのも嫌だし、だめならエロビデオみて寝ればいいかぐらいの感覚で京都の出会い系サイトに登録して京都市内の書き込みを眺めていました。その中に気になる自己紹介を書いていた女性の書きこみに連絡を送ると以外に早く返事が来ました。ある程度やり取りしてるうちに直接LINEでやり取りするようになったんです。彼女の方から、こういうのは女性はお金かからないけど男性はいるでしょう?ならLINEやってるならこっちで話そうよ、お金もかからないしって感じで言ってくれました。そりゃあ私としても直接LINEのやり取りならお金もかからないし、相手と直接LINEでやり取りってなると新密度もアップです。しかもこういう気遣いが出来るってことは内面もステキな人なんだろうなって妄想が膨らみました。

    直接LINEのやり取りをするようになってからは連絡もよく来るようになりましたし、週末に会ってみようかって話になりました。誘ったのは私からで、お気に入りのお店があって辛口好きの人なら喜んでもらえるお店だと思うんだ、行ったことないならどうかな?と店名も伝えてお誘いしました。彼女からはお店は見たことあるけど入ったことはない、そんなに美味しいならつれていって、私も辛口は好きなのって返事があったので土曜の夜20時に待ち合わせをしました。待ち合わせ場所は彼女自宅近くのコンビニです。10分ほど前に駐車場に着いたので、彼女に今駐車場に着いたことを伝えるとコンビニ店内からそれっぽい女性が出てきました。入り口付近でキョロキョロしてたのと、ピンク色の服装って聞いてたのと同じ色の服装だったので彼女かと思い私の方から近づいて声をかけました。彼女では言いにくいので、ここからM子さんといいますね。M子さん?と声を掛けるとそうですと返事があり、ひとまず私の車内に移動して話をしました。幸いM子からは嫌がられなかったようで、以降の食事デートも断られませんでした。女性からは断りにくいだろうと思って何度も聞いたんですけどね。

    私からのM子の印象ですが、160cmないぐらいの身長に体重50kg、中肉中背って感じです。薄いピンクのトレーナーに白いジーパンと色気はあまりなかったですね。顔は芸人の島田珠代みたいな感じで、美人ではないがブスでもないって感じです。私はこういう顔は嫌いではなかったのとM子は愛想の良い娘だったので私的にはOKでした。

    PCMAX(ピーシーマックス)ならこんな出会いが毎日増加中!

    今ならPCMAX(ピーシーマックス)に会員登録後にすぐに使える最大1,000円分のポイント無料で貰える!

    食事は私のお勧めの料理を食べました。結構辛口の料理だったんですが、M子は美味しいといって食べてくれたのは嬉しかったです。 食事を終えてから夜のドライブをしてると、M子からこ出会い系で会ったら即ラブホに行くものだと思ってたけど普通にデートするものなんですねって言われました。出会い系サイトにどんなイメージ持ってるの?って感じで笑いながら返事しつつ、じゃあラブホに行ってみようか?と直球ストレートを投げました。M子からは、悪い人じゃなさそうだしいいよって返事をもらえたので即効ラブホに移動しました。

    ここまではよくも悪くも出会い系で会った他の女性とM子も同じでした。しかしここからが違ってました。室内に入ると、まず私はある程度室内を見てました。どういう設備があるか気になりますからね。するとM子が私の背中に抱きついてきて胸を押し当ててくるんです。 え、いきなりM子から?とびっくりしましたが、M子の方を向いてキスをしました。するとM子は両手を私の背中に腕を回して抱きついてくるんです。密着しすぎてM子の胸もアソコも触れない状態が続きました。唇が触れるかどうかの軽いキス、時折舌を絡ませるようなキスとキスに変化をつけると気のせいかM子からムフー、ムフーっていう鼻息のようなものを感じるんです。

    ネタでもなく、こういうのって大体エロマンガの男性が発するような鼻息ですし、そもそも女性でこんな鼻息聞いたことがありません。キスのしすぎて口から息が出来なくなり、鼻息が荒くなったのだろうと最初は気にしてませんでした。ここでM子にベッドで待っててっていって湯船にお湯を張りに行ってきました。戻ってくるとM子がベッドで寝て私を待ってます。先にシャワーやお風呂に入ってからの方が良くない?と言ったんですが、このままがいいと言って私の手をつかむとベッドに引っ張りこむように手を引きました。そのままベッドで仰向けに寝てるM子に馬乗りするような形となり、まず一回戦開始のゴングが鳴らされました。最初にキスすると、M子は両手を私の首の後ろに回して抱きついてきました。これには私もタジタジです。初対面の男性相手にここまでするか普通?って感じました。胸を触ってみると、胸は結構小さめでBかCぐらいでした。しかし乳首を触りだすとM子の様子が変わります。またムフー、ムフーっていう鼻息が聞こえるんです。苦しいのかなって思ってキスをやめ、乳首舐めと手マンをするために体ごと下に移動しました。

    アソコを触ってみると、下着に汁が付着するほど濡れてました。しかもネットリと熱い本気汁です。指に汁を絡ませてアソコの筋に沿って移動すると、M子から早くいれてってせがまれました。前戯開始から30秒も経ってません。いくらなんでも早くない?大丈夫?って言ったのですが、もう大丈夫から欲しいのって言われました。私的にはムードがないなって感じたんですが、M子の希望とあらば仕方ありません。M子の下着を脱がし私もズボンとパンツを脱いでゴムをつけて挿入しました。

    入れてみると本気汁がたっぷり絡まってなかなか気持ちよいんです。アソコのしまりも悪くありません。後から聞いた話では旦那とはセックスレス状態が続いていたようで、久しぶりだったそうです。恥ずかしながら入れてから3分ほどでイキそうになったんですが、私より早くM子がアー、イクイクって声を漏らす同時に体を少し硬直させてイキました。このおかげでイキそうだった私も動きをとめ、M子にもうイッタの?って話しかけつつ休憩を取りました。ウン、すごく気持ちいいのってエロマンガのようなセリフをM子は言ってくれました。 おかげで少し休憩出来たしってことでまた動き出すとM子は即イキです。しかも今度はイクイクって言ってるのにM子をそのまま突き続けると連続イキしてるほどです。M子ってすごく感じやすいんだねって声をかけると(イキそうなので休憩しつつ)、旦那とはこんなにイカなかったのにすごいですって言われました。こう言われると私も嬉しいもので、再開して2回ほどM子をイカせると私もイッテしまいました。

    ここからが恐怖の始まりです。イッテからM子に腕枕をし、LINEじゃ話しづらかったようなことも話しました。LINEだと下ネタは嫌がられる、もしくは警戒されると思って私からは振らなかったんです。話によるとM子は小学生の時にオナニーを覚え、中学生の時はオナニーでイクようになってたそうです。彼氏が出来た時もデート当日には我慢できなくてオナニーでイッテからデートしてたってほど性的欲求が強かったそうです。こういう話を15分ほどするとM子からもう一回したいとせがまれました。さすがにまだ無理だよって言ったんですが、M子の動きは止まらずフェラされました。なんだかんだとフェラされてると私の息子も大きくなり、大きくなったのを確認するとそのまま生で跨って騎上位でいれてきました。騎上位の方がM子はあってるらしく、立て続けにイキまくります。今回は2回目なので私にも余裕がありましたし、イキまくるM子にちょっと引いたという部分、M子はイクと少し体の動きを止めるのでその間に休憩出来たのが大きいと思います。結果、2回戦は1時間近くがんばってから、M子がヘバって終了となりました。私はイケずです。

    M子からこんなにイッタのって初めてって言われました。終わってからもあまりにもM子がベタベタしてくるので、シャワーでお互いキレイにしてから3回戦開始です。今回は色んな体位でしましたが、M子の騎上位のイキっぷりは半端なかったです。 生だと気持ち良いんですが、何度もしてるうちにM子のアソコも緩くなってきてしまい正上位でガンガン腰を打ち付けることでなんとかいくことが出来ました。しかしこの時、M子に中だしをせがまれました。危険日じゃないからお願いって言ったんで中で発射したんですが、精子が出るたびにイクゥって感じでイクんです。私がイッテる10秒ぐらいの間にM子は3ほどイッテました。恐ろしいぐらい感度の良い女です。

    さすがにこれで終わりだと思ったですが、精液やM子の愛液のついた私のものをM子がフェラしにくるんです。もう無理って言ったんですが、精子のついたのをしゃぶりたいのって言って来るんですから驚きです。実は私、お掃除フェラって経験ないんですよね。精子や愛液のついたのをしゃぶらせるって悪い気がするので、してもらうにしてもシャワーで汚れを洗い流してからしてもらってたんです。ですので、そういう状態の私のものを熱心にしゃぶるM子にはものすごく興奮しました。しかもフェラしながらムフー、ムフーと荒い鼻息を立てるんです。こういう癖もあるんでしょうが、M子は性欲が高まった時この鼻息をするんです。次第にM子はフェラしながら私の足に跨り、アソコを私の足に擦りつけだしました。そしてまたイクんです。すでに私は精子を搾り取られた状態でしたが、M子の熱心なフェラでまた大きくされて挿入です。結局4回戦は私はイカずに終わるんですが、M子はイキまくりでさすがに疲れきって倒れました。お互い力つきて寝てしまい、そのままお泊りしました。

    翌朝は目が覚めるとM子にフェラされてました。昨夜そのまま寝たので、精子やM子の愛液のついたものをまた舐めてるんです。どうもこういう状態のものをしゃぶりたいのって言ってたのはネタではなく本当のようで、後日会った時も同じようにされました。結局その日は昼までに2回し、2回とも生中だしで終わりました。前戯は結局一回戦の時にすこし触っただけで、他はなにもしてません。なんと性欲の強い女だなって感じましたし、エッチでこれだけイッテくれる女もいませんでした。私もM子も相性がいいんだねってことでお互いを気に入り、それ以来セフレとなって何度も体を交わしてます。こういう出会いが強烈に印象にあるので京都といえば出会い系サイトというイメージが私の頭には刷り込まれちゃっています。

    以上、出張先の京都の出会い系で会った性欲の超強い女性とのエッチが強烈だった!でした。